ヤンゴン旅行できになるごはん事情


2
画像参照:Seba Della y Sole Bossio

ミャンマー連邦共和国を旅行で訪れるなら、外せないのがヤンゴンです。

長らくミャンマーの首都だったのですが、2006年に軍事政権によりネピドーに移されました。
首都機能がネピドーに移転してからも、経済・観光の中心地としてヤンゴンは栄えています。

ヤンゴンを旅行する際に気になるのが、現地のごはんです。ミャンマーではどのようなものが食べられているのでしょう。
ミャンマー料理の特徴は、タイ料理とインド料理の中間のような位置づけで、スパイスが控えめな
油っこいアジア料理が好きな方には大変好まれます。
ミャンマーの主食は米で、インディカ米を大量に食べます。

朝食は麺やナンのようなものも食べられていますが、昼食・夕食にはお米は欠かせないそうです。
ミャンマーの人々は根っからのごはん党なんですね。
副菜は、日本ではカレーに分類される「ヒン」という煮込み料理がメジャーです。
インド風のカレーに比べるとスパイスの量が少なく、油を多用し青トウガラシは使用しないのが特徴です。

ヒンの他にはスープや和え物などもありますが、こちらは野菜中心で味付けは薄く健康志向です。
調味料は魚醤や塩辛などで料理に味付けします。

ミャンマーは屋台文化が発達しており、朝食は屋台で済ませることが多いそうですが、
中でも是非食べたいのが「モヒンガー」という麺です。
モヒンガーはミャンマーの国民食的存在のごはんで、ライスヌードルを魚介ベースのスープで煮込んだもので、
日本人の口にも合う味付けになっています。