ヤンゴン旅行は日本人常駐のホテルで快適に


4
画像参照:Francisco Anzola

ミャンマーといえばかつては軍事政権や言語統制により各国から暗いイメージを持たれがちでしたが、
2011年の政権交代により民主化への動きが活発化され、治安の良さが認知されたこと、
そして仏教遺跡や壮大な自然を体感できる観光地が多く存在することから、
現在では海外旅行先としてミャンマーを選ばれる方も少なくありません。

そんなミャンマーの中でも特に観光都市として発展しているのは元首都であるヤンゴンです。
街の中心部にある寺院シュエダゴンパゴダはブッダの聖髪を納めていることから一日中参拝客が絶えない賑わいで、
その美しさから観光客の目も輝かせてくれます。
他にも動物園や自然公園、博物館やマーケットなど年齢を問わず楽しめる施設が多数存在します。
他の都市へのアクセスも便利なので、ミャンマーに旅行に行かれる際はヤンゴンを拠点にするのがお勧めです。

またミャンマーは過去に日本が経済援助をしたことが理由となった親日国だといわれており、
ホテルやレストランでは日本人旅行客に向けて日本人を雇っているところも多くあります。
言語に自信のない方は日本人常駐のホテルを探されると、より快適な旅を過ごすことができるでしょう。
日本人スタッフのいるホテルとして「サミットパークビューホテル」「チャトリウムホテル」「パークロイヤルヤンゴン
ホテル」などが挙げられます。いづれのホテルもヤンゴンにあるホテルなので是非利用してみてください。
ヤンゴンでおすすめの宿泊エリアとして、目的地の周辺にホテルを予約する場合以外は、
滞在中の移動がタクシー移動が多くなる事から立地はさほど問題ではありません。ホテルのWifiフリー等といった
設備でホテル選びをするとよいでしょう。